将来のためにも今から行動しよう

学生時代にアルバイトをすることは、これからの将来のためにいろいろと役に立つものです。例えば一番近い将来でいうと、学校を卒業して社会人として働くための就職活動が待っているでしょう。就職活動の際にも、アルバイトで経験したことや身に付けたスキル、マナーなどが評価されることは大いにあります。ひとつの職場で長期に渡ってアルバイトを続けた場合には、仕事が続く人なんだなと面接官に見てもらえることもあるでしょう。そしてめでたく内定が決まって社会人になってからも、アルバイトをしていたおかげで敬語の使い方や目上の人への対応などにも困らずに済むはずです。働くことがまったく初めてという人よりも、アルバイトをしたことのある人のほうが、職場にも馴染みやすいことが多いでしょう。またお金を稼ぐことの大変さもアルバイトをしたことによって知っているので、社会人として働くことが甘くないという現実も理解できるのです。そのほかの例として、中には将来、自分で起業したいという人もいるかもしれませんね。そういう人も、アルバイトで接客やレジ、事務管理などを学んでおけば、いざ自分で会社やお店を始めたときに必ず役に立つことがあるはずです。ただお金を稼ぐためだけにアルバイトをするのではなく、もっと長い目で見て自分の未来像も考えながら働けば、仕事に対する姿勢もまた変わってくるかもしれませんね。今している仕事が先々の自分のためになるのだとしたら、無駄なことは何一つないはずです。怖がらずに高みをめざし、少しでもいい会社にチャレンジすることが大切です。そして就職活動までに、企業が求める人材像を自分で作り上げましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です